16:48 2019年03月23日
アリーナ・ザギトワ選手 【アーカイブ写真】

日本のTVにザギトワと訓練校が紹介 ロシアの強さの秘密に密着取材 マサルも回る【動画】

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
フィギュア特集
短縮 URL
0 60

日本のテレビ局がアリーナ・ザギトワ選手がトレーニングをしているモスクワの「サンボ-70」を撮影し、世界最強のフィギュア選手たちが誕生する秘密を探った。

スプートニク日本

番組ではアスリートの養成専門校である「サンボ-70」の恵まれた施設内でフィギュア選手らが何をどのようにトレーニングするか、また学習がどう行われているかが紹介された。なかでも筋肉トレーニングする様子はつぶさに紹介され、当然ながら男性顔負けの背筋、腹筋鍛錬用ジムをほっそりしたザギトワたちがらくらくとこなす様子に日本のスタジオ内では驚嘆の声があげられた。

日本は世界の中でもフィギュアスケートへの関心が極めて高いことで知られる。ただし、ロシアのように一人の監督のもとでこれだけ集中して神童が誕生することは稀。メドベージェワ、ザギトワ、そしてトルソワ、シェルバコワなどをジャンプ力、技術力に秀でた選手を次々に生み出しているトゥトベリーゼ監督の指導方法に注目が集まるのも無理はない。ザギトワ選手を通して、トゥトベリーゼ監督の人物像に迫ろうとする意図が番組からうかがえる。

「トゥトベリーゼ監督はいかに目的を達成するかを言葉だけでなく行動でも示すところが私は好きです。無慈悲な人ですかって? 監督がリンクに出ると心臓がバクバクした時もありました。うまくいかない時、これで監督を怒り心頭させないかと怖くて、泣き出してしまうこともありました。」ザギトワの話は正直そのものだ。

ザギトワはつい最近までロシアのマスコミからの取材は最大限避けてきた。昨年末、グランプリシリーズ・ファイナルでいきなり初出場の紀平梨花に首位を譲り、ロシア選手権でまさかの7位に転落した後、先日、ミンスクで開催の欧州選手権まで緊張が絶えなかったのが一番の理由だとされている。欧州杯で同じロシアのサモドゥロワに優勝をとられてしまい、今、3月の埼玉での世界選手権までようやく取材に応じるようにはなったものの、今回の日本のテレビ局に見せた笑顔やリラックスした様子にはロシア国内のファンたちは少なからず驚いている。

また、マサルは日本では国民的アイドルになってしまったようだ。夜の散歩でザギトワにジャンプの技を躾けられ、できずにキョトンとしているマサルは何をやっても可愛いと受け止められたようだ。

それにしても日本からロシア人の選手にこれだけ密接した取材が行われた例は過去にあっただろうか。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連ニュース

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, アリーナ・ザギトワ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント