01:19 2019年06月19日
フィギュアのオーサー監督とメドベージェワ

フィギュアのオーサー監督が教え子のメドベージェワを語る 「この移行期を乗り切れば、ジェーニャはすべてうまくいく」

© Sputnik / Vladimir Fedorenko
フィギュア特集
短縮 URL
151

新監督に移ってからでのエフゲニア・メドベージェワ選手の初シーズンは、まったくうまくいかなかった。メドベージェワはグランプリシリーズ(GP)ファイナルへの参加を逃し、世界選手権出場を賭けた選考試合であったロシア選手権では7位に終り、その結果、欧州選手権も逃した。

スプートニク日本

しかし、運命はメドベージェワに日本での世界選手権に出場するチャンスを与えた。ロシアカップファイナルへ出場し、その結果次第で世界選手権への出場権が決まる。オーサー監督は、彼女はこのチャンスを必ず手にすると見込んでいる。

ロシアメディアのインタビューでオーサー監督は、メドベージェワには、少女のスケーティングから大人の女性のスケーティングへの移行期間を何とか潜り抜けねばならないと語った。

「ジェーニャ(メドベージェワ選手の愛称)は革新のプロセスを通過しようとしています。彼女は生理的にも、技術の面でも、トレーニングシステム、海外生活への順応など、そうした変化に慣れ始めたところです。なにより、ジェーニャは本当に辛抱強い。私はこの点で彼女に大変感謝しています」と、オーサー監督はこう語っている。

オーサー監督は、この移行期を乗り切ればジェーニャはすべてうまくいくと確信している。

監督を変更したメドベージェワ選手はまず、自身のイメージを根本的に変えた。それはスケートのスタイルから髪型にまでおよんだが、しかしその後、彼女のキャリアで基本を成していた以前のスタイルに戻した。オーサー監督は、メドベージェワのイメージチェンジについて、自分が急がせてしまったかもしれないと考えている。

「私たちは今までとは違う、新しいエフゲニア・メドベージェワを見せたかったのです。それでも彼女は、彼女のスケーティングといい、ハートといい、そのままで本当に素晴らしい選手なのです」とオーサー監督は述べた。

オーサー監督は、今日ロシアのジュニアクラスの選手たちが4回転ジャンプに成功し、記録を破り、ザギトワ選手やメドベージェワ選手を点数の上で上回っていることを認めている。

オーサー監督によると、こうした素晴らしいジュニア選手たちは、「シニア」スケートで競うことができ、そしてその必要がある。

「スピードと ジャンプ、回転、トラックといった要素の質の向上に取り組まねばなりません、煌びやかで、印象深い演技を見せる必要があります。女子シングルの部門では、選手としての競技寿命について考えねばなりませんね。私たちは、30歳になっても惹きつけてやまない演技ができるカロリーナ・コストナー選手のようなスケーターを必要としているのです」と、オーサー氏はこう語った。

フィギュアスケートのロシアカップファイナルは2月18日にノヴゴロドで始まった。20日には、女子シングルのショートプログラムが開始される。この結果如何で日本で開催される世界選手権への出場がきまる選手は3人。エリザベータ・トゥクタミシェワ選手とスタニスラワ・コンスタンチノワ選手が世界選手権の出場権を賭けてメドベージェワ選手と競い合う。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
びっくり, エンタメ, スポーツ, フィギュアスケート, エフゲニヤ・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント