02:25 2019年09月23日
ザギトワもメドベージェワ(アーカイブ写真)

努力の賜物 ザギトワ、メドベージェワが五輪、大会で勝ち取った収入は?

© Sputnik / Grigory Sysoev
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

平昌五輪金メダルを受賞後、様々な分野で華々しく取り上げられるようになったロシアのアリーナ・ザギトワ選手。こうしたスポーツ選手が一体、どれほどの報酬を受け取っているのか、ロシアのエクスプレス・ガゼータ紙が報じた。

スプートニク日本

五輪金メダルと代表団の勝ち取った銀メダルでザギトワが受け取った額は1300万ルーブル(約2200万円)。グランプリの2大会とGPファイナルでの金メダルで6万1千ドル(6700万円以上)。これに欧州選手権の賞金2万ドル(約220万円)。ザギトワはこれだけの額を若干15歳で稼ぎ出した。五輪後、クレムリンからは高級車BMW X5が贈られている。エクスプレス・ガゼータ紙はこんな話をきいた親たちがわが子を何としても第2のザギトワにしようと切磋琢磨するのもうなづけると書いている。

とはいえ、急に収入が増えたからといって、すべてが劇的に変わるわけではない。

ザギトワの生活ぶりといえば、先日、日本のTVが撮影した番組でモスクワで1部屋のアパートを借りて、祖母と慎ましやかに暮らす様子が伝えられると、日本人の間では「金メダリストがこんな住まい?」と驚きが広がった。この日本での反応に対して、フィギュア界大御所監督のタチヤナ・タラソワ氏は、2年前に地方都市から物価の高い大都会に出てきたばかりのザギトワが急に御殿に住めるわけはないと実情を説明している。

ザギトワのライバル、エフゲニア・メドベージェワ(19)だって負けてはいない。

世界選手権2冠を果たして獲得した額は9万ドル(約1千万円)。さらに欧州選手権で勝ち取った2つの金メダルが4万ドル(約443万円)を、平昌五輪の2つの銀メダルは国、スポーツクラブ、モスクワ市からの報奨金を合わせると800万ルーブル(約1350万円)を彼女にもたらした。

これにクレムリンから贈与の独BMW X4が加わった。グランプリ(GP)で5つの金メダル、GPファイナルで2つの金メダル、これによってさらに14万ドル(1500万円以上)が入った。エクスプレス・ガゼータ紙は、スポーツ界には報奨金の30%は監督に渡すという不文律があるため、トゥトベリーゼ監督がメドベージェワが去ったことを悔しがるのも無理はないと書いている。

エクスプレス・ガゼータ紙の入手した情報によれば、メドベージェワはカナダのオーサー監督のトレーニング費用を自分で支払っている。ただし生活費、大会へ出場するための航空チケット代など毎月ほぼ600万ルーブル(1千万円以上)はロシア・フィギュアスケート連盟が出している。

メドベージェワはスポーツ製品のNIKE(ナイキ)、ヘアケア製品のパンテーンなど複数の企業のコマーシャルに出ていることも忘れてはならない。メドベージェワのエージェント役を務めるレヴァン・マトゥア氏は、メドベージェワにSNSを通して稼ぐ方法を吹き込んだのは自分だと打ち明けている。マトゥア氏がジェーニャに代わって書いているインスタグラムに入るコマーシャル・ポストはロシアの有名芸能人より稼ぎがいい。これに加えて収入の道を開いてくれているのが日本でのアイスショーの出演だ。1回の出演でジェーニャは1万ドル(約110万円)を受け取った。

我が子をフィギュアの道に進ませるようと、親たちが高価な品、マンションを売り、孟母三遷までして、尽くす例は過去にも少なくなかった。よい監督に育てられれば、チャンスはぐんと高まるからだ。

権威ある大会へ勝ち進むことができるのはほんの一握りの神童だけだ。だが勝とうと勝つまいと出場するには高品質のスケート靴も、コスチュームも要る。それぞれ8千~1万ルーブル(1万3千円~1万7千円)、最低で2万5千ルーブル(4万2千円以上)はする。これに補習のトレーニングをつけてもらおうとすると支出はもう際限がない。

我が子をフィギュアスケーターに育てようとすれば、親は財布のひもを締める暇がない。が、子どもに才能があればそれを伸ばしてやりたいと思うのが親心だ。ザギトワ、メドベージェワが血のにじむような努力を重ねて勝ち取った勝利と報償。彼女たちは支えてくれる家族あってこその勝利ということをよく理解している。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, アリーナ・ザギトワ, エフゲニヤ・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント