15:11 2019年10月23日
エフゲニア・メドベージェワ選手

フィギュアスケート 今シーズンで10歳は年を取りました=メドベージェワ選手

© Sputnik / Nina Zotina
フィギュア特集
短縮 URL
250
でフォローする

フィギュアスケートの世界選手権で2度優勝し、2018年の平昌五輪では銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ選手は、今シーズンの不振に感謝し、不調の間に成熟したような気がすると語った。

スプートニク日本

メドベージェワ選手は22日、ヴェリーキー・ノヴゴロドで開催されたフィギュアスケートのロシア杯ファイナルで、ショートプログラムとフリー合計222.90点で今季初優勝を飾った。

なおメドベージェワ選手はフリーの前半で転倒した。

同選手は記者団に「一番重要なのは、フランスの時のように、失敗した後に気を落とさなかったことです。滑り切ったことをとても嬉しく思います。観客はとても素晴らしいです」と語った。

またメドベージェワ選手は「これは不思議なことですが、私は今シーズンのすべての失敗に感謝しています。10歳は年を取りました」と話した。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, エフゲニア・メドベージェワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント