08:57 2019年03月20日
メドベージェワ

「メドベージェワは世界選手権に出場するにふさわしくないという意見を誰かが故意にかきたてている」=ISU

© Sputnik / Nina Zotina
フィギュア特集
短縮 URL
世界フィギュアスケート選手権 さいたまスーパーアリーナ (8)
183

国際スケート連盟(ISU)技術委員会のアレクサンドル・ラケルニク副委員長は、フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワについて世界選手権のロシア代表メンバーにふさわしくないとの議論が繰り広げられていることについて、誰かが故意に「かきたてている」との見方を表した。

スプートニク日本

先にロシア・フィギュアスケート連盟は、日本の埼玉で3月18日~24日に開催される2019年世界フィギュアスケート選手権のメンバーを発表した。

代表メンバーには、ソフィア・サモドゥロワ、アリーナ・ザギトワ、そしてエフゲニア・メドベージェワが選ばれた。2015年世界選手権で優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワは補欠となった

ラケルニク氏は記者団に「メドベージェワは世界選手権に出場するにふさわしくないと考えている人々がいる。だがこれは、その意見が正しいという意味ではない。ただ誰かがこの意見をかきたて、増大させているだけだ。誰かにとってはこれが必要なようだ。私は時折プレスとのやり取りに疲れることがある」と述べた。

またラケルニク氏は、トゥクタミシェワのルッツは理想的だと指摘し、「これ以上のルッツは見たことがない」と述べる一方、「だがフィギュアスケートは一つのジャンプで構成されているわけではない」と語った。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
世界フィギュアスケート選手権 さいたまスーパーアリーナ (8)
タグ
スポーツ, フィギュアスケート, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント