04:16 2019年12月15日
Виктория Синицина и Никита Кацалапов

福岡開催のフィギュア国別対抗戦 露、アイスダンス・フリーで2位

© Sputnik / Vladimir Pesnya
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

福岡市で開催されているフィギュアスケートの世界国別対抗戦は12日、アイスダンスのフリーダンス演技が行われ、ロシアのヴィクトリア・シニツィナ/ニキータ・カツァラポフ組が自己ベストの130.63点を獲得し、2位となった。

スプートニク日本

世界選手権で4回優勝しているガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組(フランス)が、世界最高得点となる135.82点で1位。さらに同組は、リズムダンスとフリーダンスの合計得点の自己ベストも更新した。3位は米国のマディソン・ハベル/ザカリー・ダナヒュー組(127.11点)。

国別の順位では、米国が68点で首位を維持、2位が日本(62点)、3位がロシア(61点)などとなっている。

12日はこの後、男子フリーの演技が行われ、13日には女子とペアそれぞれのフリー演技が披露される。大会は14日、エキシビションの演技で閉幕する。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

世界フィギュアスケート国別対抗戦2019
世界フィギュアスケート国別対抗戦2019
タグ
日本, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント