00:42 2019年10月17日
Elizaveta Tuktamyševa: Kdo je tento nový sex symbol ruského krasobruslení?

トゥクタミシェワのコーチ、米女王テネルを指導へ

© Sputnik / Maxim Bogodvid © Sputnik / Alexander Vilf
1 / 2
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

フィギュアスケートの全米選手権女王のブレイディ・テネルは来季、ロシアのアレクセイ・ミーシンコーチのもとへ移籍する。ミーシンコーチのもとではエリザベータ・トゥクタミシェワやソフィア・サモドゥロワが学ぶ。

スプートニク日本

テネル(21)は2018年の平昌五輪の団体戦で銅メダルを獲得している。

ミーシンコーチは移籍の情報を確認。テネル自らが提携を持ちかけたという。

「彼女は私のグループでトレーニングしていく。テネルからの提案だ」

ミーシンコーチは、2018年世界選手権銀メダリストの樋口新葉も自身のもとで昨年、トレーニングを行ったことを指摘。

「彼女は残念ながら、参加しない。彼女は病気だ」

ミーシンコーチにはまた、エフゲニー・プルシェンコ、カロリーナ・コストナー、ハビエル・フェルナンデスなどそうそうたるフィギュアスケーターが師事していた。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アレクセイ・ミーシン, 米国, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント