22:38 2019年11月13日

振り付け盗用 米ゴメス氏はザギトワの振付師への攻撃止めず

© Sputnik / Vladimir Pesnya
フィギュア特集
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国人ダンス振付師のジョジョ・ゴメス氏は自身のインスタグラムのアカウントを通して、ロシア人フィギュアのアリーナ・ザギトワ選手の振り付け担当のダニイル・グレイヘンガウス氏に対する非難を依然として続けている。

スプートニク日本

ゴメス氏はインスタにポストと追加投稿し、ザギトワ選手に対する個人的なクレームはなく、ザギトワ選手となら喜んで仕事をしたいと補足した。ただしグレイヘンガウス氏に対しては、その行為は受け入れられないものであり、プロのすることではないと容赦ない。

ゴメス氏は6月23日、ザギトワ選手とその振付師のダニイル・グレイヘンガウス氏が自分の振り付けを盗作したとして非難した。ゴメス氏は自分の振り付けの動画を公開し、盗作が疑われる部分を示した。これに対してグレイヘンガウス氏はゴメス氏の考案した動きの一部を盗用したことを認めて謝罪し、ゴメス氏に協力関係を提案した。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連ニュース

「ザギトワの振り付けは盗作」と米振り付け師が告発【動画】

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント