21:38 2019年08月22日
イリヤ・アベルブフ (アーカイブ写真)

振付のアヴェルブフ氏 フィギュア界のスキャンダル、メドベージェワとの作業を語る

© Sputnik / Екатерина Чеснокова
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0

2002年ソルトレークシティ五輪アイスダンス銀メダリストで、現在、振付師として活躍のロシアのイリヤ・アヴェルブフ氏はリアノーボスチ通信からの取材に対し、フィギュア界のスキャンダル報道は関心を惹きつけるために有効であるため、自分は否定しないという姿勢を打ち明けた。

「4年に一度、五輪開催の時期しかフィギュアスケートの話題がのぼらないよりは、そちらのほうがいいと思う」と漏らすアヴェルブフ氏は、なぜ今のフィギュアスケートにスキャンダルネタが多く、口角泡を飛ばす議論を呼んでいるかについて、自らの見解を語った。

「専門家の多くはこれ(スキャンダル)にほくそ笑んでいますし、私も同じです。余計なことをみんな取り除いてしまえば、それはいいでしょうね。」

アヴェルブフ氏はエフゲニア・メドベージェワについても「彼女のためにショートプログラムを作りました。これによってジェーニャ(メドベージェワの愛称)がリンクの上でただ存分に滑ることができれば、と願っています。彼女はすごいチャンピオンですからね。選手らと仕事をするのがうれしいんです。私が作るプログラムが彼らの一助になってくれればと思っています。」

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント