01:20 2019年10月22日

トゥクタミシェワ選手、10年前と同じようにジャンプできることをアピール

© Sputnik / Nina Zotina
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

2015年のフィギュアスケート世界選手権と欧州選手権で優勝したロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手は、トリプルアクセルを跳んでいる10年前と最近の動画を公開した。

トゥクタミシェワ選手は悪意のある人たちに、現在の22歳という年齢でも(フィギュアスケート女子選手としては若くはない)、非常に難しい要素を容易に実行できることをアピールした。

トゥクタミシェワ選手は「列車の停車時間が2分のグラゾフ出身の少女。10年が経過した今もまだプレーしている」と書き込んだ。

グラゾフは、ロシアのウラル山脈の西側にあるウドムルト共和国の小都市。トゥクタミシェワ選手はグラゾフで生まれた。列車についてのフレーズは、グラゾフに到着した列車は大都市の駅に到着した時とは違って停車時間が短いことを意味している。

このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, スポーツ, エリザベータ・トゥクタミシェワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント