18:13 2019年09月22日
トゥトベリーゼ監督ジュニア選手ら

フィギュアスケート トゥトベリーゼ監督ジュニア選手らが5回転ジャンプについて語る

© © Screenshot: YouTube/1 channel
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシアの名コーチ、エテリ・トゥトベリーゼチームのジュニア選手らが第1チャンネルテレビのクリップに登場した。才能あふれるジュニアたちは、最も難しい4回転ジャンプをマスターしたいと確固たる信念を持っていること、今のところ補助付きではあるが5回転を跳んだことがあると話している。

「『竿』をつけてなら、5回転も跳んだことがあります」とリュボーフィ・ルプツォワ選手は言う。『竿』とは選手がジャンプ中にバランスと浮力を保つ、特別な補助器具だ。

ロシアのジュニア選手らは、既に補助付きで5回転を披露している。補助付きで最初に5回転トウループを成功させたのは、CSKAクラブのマクシム・ベリャフスキー選手。

スポーツ学校「サンボ70」内、エテリ・トゥトベリーゼ監督が指導する「フルスタリヌィ(クリスタル)」クラブのジュニア選手らは、フィギュアスケートの最初の思い出、最も難しいが必修課題のエレメンツ、将来の予定や目標などについて語った。

映像では、練習の一コマ、特に、様々なエレメンツを丹念に繰り返す様子が描かれている。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
エテリ・トゥトベリーゼ, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント