22:31 2019年09月19日
アリーナ・ザギトワ

ザギトワ:日本で経験を積み、落ち着いて氷上にあがることができるようになった

© Sputnik / Kristina Savitskaya
フィギュア特集
短縮 URL
0 100
でフォローする

オリンピック金メダリストのロシアのアリーナ・ザギトワ選手は、演技中に神経質になることはほぼなくなったが、時に少しの恐怖心はジャンプを成功させるのに役立つと語った。

ザギトワ選手はモスクワの「ルジニキ」スタジアムで行われたロシア代表の試験滑走に参加した。

ザギトワ選手は記者団に「今シーズンは落ち着いて準備をしており、神経質になることもほぼありません。少しの恐怖感やアドレナリンが出るのはいいことです。これはジャンプに役立つことがあります。ミスのないよい演技をすることが全シーズンを通しての私の課題です」と語った。

ザギトワ選手は夏の準備期間については、日本でアイスショーに出演したことが役立ったと指摘し、「時間はありました。日本では経験を積み、氷上に出るのが楽になりました。今は完全に落ちついてリンクに上がることができます」と語った。


このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, 日本, アリーナ・ザギトワ, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント