17:13 2019年12月09日
トルソワ選手シェルバコワ選手

「向かうところ敵なし」 ロシア女子フィギュアの神童、トルソワ、シェルバコワに熱い視線 ザギトワ、メドベージェワは死守できるか

© Sputnik / Vladimir Pesnya © Sputnik / Nina Zotina
1 / 2
フィギュア特集
短縮 URL
0 40
でフォローする

2019/2020のシーズン開始を前に9月7-8両日に、ロシア・スケート連盟主催でモスクワで実施されたテスト演技に出場したアレクサンドラ・トルソワ(15)とアンナ・シェルバコワ(15)の滑りに熱い視線が集まっている。

トルソワシェルバコワの2人は今シーズンからシニアでの出場を開始する。2人もザギトワ、メドベージェワを育てあげたエテリ・トゥトベリーゼ監督の門下生で英才教育を受けてきた。その2人が大会経験の豊かな他のシニアを抜く成績を出した。

テスト演技でトゥルソワは群を抜いた。ショートプログラム(SP)で19.4をマーク、トリプルルッツ、トリプルループを跳んだ。フリープログラム(FP)では4回転トゥループ、トリプルトゥループの連続、4回転リッツ、トリプルリッツとトリプルループの連続で64.8の高得点を稼ぎ、最高点の総合84.2を出した。

アレクサンドラ・トゥルソワ
© Sputnik / Savitskaya Kristina
アレクサンドラ・トゥルソワ

シェルバコワはSPでトリプルリッツとトリプルループの連続を決め、19.4、FPで4回転リッツ、トリプルフリップとトリプルループの連続、トリプルルッツとトリプルトゥーループの連続、トリプルフリップ、ハーフループ(オイラー)、トリプルサルコウの連続で54.4を出し、トゥクタミシェワにわずかながら及ばず、3位の総合73.8をマークした。

© Sputnik / Nina Zotina
シェルバコワ選手

一方で、メドベージェワはSPで18.7、FPで44.6、総合は63.3。

SPはトリプルフリップとトリプルトゥループの連続が目立った技で、FPではトリプルサルコウ、トリプルリッツの連続、トリプルリッツ、ダブルトゥループ、ダブルトゥループの連続、ダブルアクセルとトリプルトゥループの連続。オーサー監督はシーズンは開始したばかりと楽観的で、メドベージェワ本人も意気込みは高いが、これとは裏腹に、ロシア勢の中では一番貧困な技と露骨な批評もささやかれる。

エフゲニア・メドベージェワ
© Sputnik / Savitskaya Kristina
エフゲニア・メドベージェワ

ザギトワはSPで3回転リッツと3回転ループの連続を跳んで19.4、FPでトリプルリッツとトリプルループの連続、トリプルフリップ、ダブルトゥループ、ダブルリッツの連続、ダブルアクセルとトリプルトゥループの連続で45.4。総合は64.8だった。

ザギトワも技は1年前に比べて向上はしていない。本人も技を複雑化させるプランはないと語っているが、若手がこれだけ押してくる中では苦戦を強いられそうだ。

アリーナ・ザギトワ
© Sputnik / Savitskaya Kristina
アリーナ・ザギトワ

スポーツ24の報道によれば、トルソワ、シェルバコワのテスト演技後、サラエボ五輪ペア金メダリストのオレグ・ワシリエフ監督は、二人の技を「宇宙レベル」と感嘆の声を上げた。そのブレイクスルーぶりはあまりに遠くまで達しており、ワシリエフ氏は、近未来でふたりのレベルに近寄ることのできる選手は、ロシア国内にも国外にも現れないと断言。たしかに米国にはジュニアですでに4回転ルッツ、トリプルアクセルの跳べるアリサ・リュウ(14)がいる。それでもリュウのスケーティングはロシア勢には劣っている。

ワシリエフ監督は、「トルソワとシェルバコワが達成した要素をすべてこなしたら、向かうところ敵なしの状態になる」と目を見張っている。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, エリザベータ・トゥクタミシェワ, アレクサンドラ・トルソワ, エフゲニア・メドベージェワ, アリーナ・ザギトワに関する 記事・インタビュー, アリーナ・ザギトワ, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント