07:48 2020年09月27日
フィギュア特集
短縮 URL
130
でフォローする

フィギュアスケートのソ連功労監督のタチアナ・タラソワ氏は、ジュニア世界選手権2冠王のアレクサンドラ・トルソワ選手(愛称サーシャ)が先日達成した2つの世界記録に祝辞を贈った。タラソワ監督は、トルソワはその力量から判断すると、これをはるかに超える記録を樹立するはずだと確信を表している。

トルソワ監督は自身のインスタグラムで祝辞を贈った。

「サーシャ・トルソワ、ブラボー!」

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Tatiana Tarasova (@t.a.tarasova)

タラソワ監督はスプートニクからの電話取材に、次のように語っている。

「偉大な成果をあげた教師陣、監督陣全員におめでとうといいたいです。サーシカは奇跡の少女だわ。だって彼女はまだ全部をやりきってはいないもの。なぜなら、今のところなぜか女子のシングルのショートプログラムでは4回転ジャンプはやってはいけないから、男子のほうは許されているけれども。」

トルソワは21日、ブラチスラワで行われたオンドレイネペラトロフィーでフリープログラム(FP)のスコアとFP、ショート(SP)を合わせた総合点で世界記録を樹立した。

トルソワはFPで163.78点を、SPとFPの総合点で238.69 点を獲得した。トゥルソワはメドベージェワザギトワを育てたエテリ・トゥトベリーゼ監督の下でトレーニングを積んでいる。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
スポーツ, ロシア, アレクサンドラ・トルソワ, タチアナ・タラソワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント