21:59 2019年11月14日
日本の宇野昌磨選手

フィギュア フィンランディア杯:男子優勝は宇野昌磨選手、女子はコストルナヤ選手とトクタミシェワ選手が今晩優勝を目指す【写真・動画】

© AP Photo / Toru Hanai
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

フィギュアスケート、チャレンジャーシリーズのフィンランディア杯男子シングルは宇野昌磨選手の優勝という結果だった。女子シングルの優勝者は本日明らかになる。優勝候補にはロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手とアリョーナ・コストルナヤ選手が名乗りを上げている。

勝者は宇野昌磨選手

ショートプログラムで2位だった宇野選手は、土曜日のフリーで162.95点を獲得。ショートとフリーの合計で255.23点となり優勝を収めた。2位には同じく日本の山本草太選手(223.24点)、3位にカナダのロマン・サドフスキー選手(222.23点)が入った。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ選手は6位(206.19点)、アンドレイ・ラズキン選手は7位(203.91点)だった。

女子の争い

ショートプログラム終了時点でロシアのアリョーナ・コストルナヤ選手が首位。得点は77.25点だった。2位には同じくロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手(72.66点)、3位には日本の横井ゆは菜選手(65.09点)がつけている。

ショート終了後、トゥクタミシェワ選手はジャッジの評価に驚かざるを得なかった。3回転アクセル、3回転フリップ+3回転等ループ、後半に3回転ルッツを実施したが、ジャッジに実施不十分と判断され、技術点(TES)は39.72点。構成点(PCS)と合わせて得点(TSS)は77.66点だった。

​得点がアナウンスされると、トゥクタミシェワ選手は笑い、親指を立てた。

コストルナヤ選手の得点(TSS)は77.25点、プログラムで3回転アクセルは実施しなかった。

勝者は日曜日に明らかになる。フリープログラムは現地時間で15時00分(日本時間21時00分)にスタート。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アリョーナ・コストルナヤ, エリザベータ・トゥクタミシェワ, 宇野昌磨, フィギュアスケート, スポーツ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント