05:24 2019年11月15日
ブレイディ・テネル

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦 ショートプログラム終了 上位3位にロシア人はなし トップはブレイディ・テネル、2位と3位は日本人選手【写真・動画】

© REUTERS / Rob Schumacher / USA TODAY Sports
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPシリーズ2019・アメリカ大会 (11)
120
でフォローする

米ラスベガスでフィギュアスケートGPシリーズ第1戦の女子ショートプログラムが行われ、トップは個人最高点をマークしたブレイディ・テネル(75.10)。2位は坂本花織(73.25)、3位は樋口新葉(71.76)。

ロシアのアンナ・シェルバコワは転倒して4位、エリザベータ・トゥクタミシェワは5位。

もう1人のロシア人選手、スタニスラワ・コンスタンチノワはジャンプで2回転倒し、ショートプログラムで失敗した。トリプルルッツ-トリプルトウループのコンビネーションジャンプと、トリプルフリップのシングルジャンプで転倒した。

 

  • 坂本花織
    坂本花織
    © REUTERS / Rob Schumacher / USA TODAY Sports
  • 樋口新葉
    樋口新葉
    © REUTERS / Rob Schumacher / USA TODAY Sports
1 / 2
© REUTERS / Rob Schumacher / USA TODAY Sports
坂本花織

 

トゥクタミシェワは、トリプルアクセルはきれいに決めたが、別のジャンプでミスが出た。トリプルトウループを2回連続で跳んだが着地がスムーズにいかず両足着氷となり、トリプルルッツは回転不足と判断された。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・アメリカ大会 (11)
タグ
ロシア, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント