07:50 2020年09月26日
フィギュア特集
短縮 URL
筆者 :
フィギュアスケートGPシリーズ2019・カナダ大会 (26)
0 80
でフォローする

カナダのケロウナ市で開催中のフィギュアスケート・グランプリシリーズ「スケートカナダ2019」。アイスダンスはリズムダンスが終了し、アメリカのマディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー組が首位(83.21点)。

ロシアのベティナ・ポポワ&セルゲイ・モズゴフ組は現時点で6位。スプートニク通信特派員が感想を聴いた。

ポポワ選手は、「日本の観客が作ってくださったバナーがとても嬉しかったです。これで私たちには心強いバナーができました。観客席で見つけた時には、思わず泣きそうになりました。私の犬と、私たちが描かれていて、素晴らしいです。プードルと私たちペアの最高の組み合わせです。

私たちペアのことをどこかで愛してくれている、知っていてくれることに感激しています。日本のファンは一番ありがたいです。全選手に拍手を送り、全選手を応援してくれます。朝6時の公開練習にも来ていました。私たちでも行きたくないのに、日本のファンは来ている。信じられないくらい最高です。感嘆の一言です」とスプートニク通信特派員に語った。

フィギュアスケート・グランプリシリーズ「スケートカナダ2019」はカナダのケロウナで開催中。スプートニクは大会現場から最新ニュースをお届けする。

26日、「スケートカナダ2019」女子シングルのショートプログラムで紀平梨花選手が首位となった。


GPシリーズは、6大会で構成されている。

今シーズンはラスベガスの他、ケロウナ(カナダ、10月25日〜27日)、グルノーブル(フランス、11月1日〜3日)、重慶(中国、11月8〜10日)、モスクワ(ロシア、11月15〜17日)、札幌(日本、11月23日~25日)で開催され、男女シングル、ペア、アイスダンスの成績上位6名(組)が、トリノ(イタリア、12月5日~8日)で開催されるGPファイナルに出場する。

優勝賞金は1万8000ドル。なお2人組で行うペアとアイスダンスは1組で同額。2位は1万3000ドル、3位は9000ドル、4位は3000ドル、5位は2000ドル。GPファイナルの賞金は大幅に高くなり、1位は2万5000ドル、2位は1万8000ドル、3位は1万2000ドル、4位は6000ドル、5位は4000ドル、6位は3000ドル。

© Sputnik / Savitskaya Kristina
スケートカナダ演技時間一覧(日本時間)

フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・カナダ大会 (26)
タグ
フィギュアの独占インタビュー, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント