03:43 2019年12月10日

「サーシカなら俺らを負かしちゃうよ」 男子枠で出たいトルソワ発言にロシア男子らがコメント

© Sputnik / Alexandr Vilf
フィギュア特集
短縮 URL
筆者 :
フィギュアスケートGPシリーズ2019・ロシア大会 (25)
0 0 0
でフォローする

フィギュア・グランプリシリーズ第5戦ロシア大会の男子ショートプログラムが終了。1位から3位までのすべてをロシア勢が占めた。1位にはアレクサンドル・サマリン選手(92.81点)、2位はドミトリー・アリエフ(90.64点)、3位はマカール・イグナトフ(87.54点)が入った。

ロシア人選手らは3人ともが そろってSPの表彰台に上ったにも かかわらず、演技の印象や、 明日のフリープログラムの行方についての言及を避け、 ファンらの応援に謝意を表すにとどまった。

サマリン選手はミスについてのコメントは控えている。 

ただし、 先日、アレクサンドラ・トルソワ選手(愛称、 サーシャ)が「男子は4回転ジャンプが許可されているから、 男子枠で出場したい」 と発言したことへのコメントを求められると、 選手らの反応は違った。

アリエフ選手は「もちろんこれはISUに訊ねるべき話だけど、 実際可能になったらおもしろいだろうな。サーシカ(「 小さな可愛いサーシャ」の意)なら『俺たちを負かしちゃう』 にちがいないよ」とジョークを飛ばした。

「いや、まじめな話、僕らはサーシャと同レベルだよ」 アリエフは真顔で付け加えている。

サマリン選手も「あの4回転 には唸るよ。 どうなってるのか想像もできない。宇宙レベルだ」 と驚嘆を見せた。

ではトルソワとの競合については、「今のところは、 実現しないことを願うね」と、3人は笑いながら答えた。

とはいえ、男子SPに入賞のサマリン、アリエフ、 イグナトフのロシア男子3人組 は闘いを恐れてはいない。「 受けて立とうじゃないか」と意気揚々だ。

ロステレコム杯

11月15日から17日にかけてモスクワでフィギュアスケートGPシリーズ2019・ロシア大会-ロステレコム杯が開催される。 

フィギュアスケート女子シングルでは、これまでの結果からGPファイナルへの出場はロシアのアンナ・シェルバコワ選手の出場が決定している。残り5つの出場枠を6人の選手が競い、そのうちロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ選手と日本の宮原知子選手、米国のマライア・ベル選手がモスクワ大会に出場する。しかもすでに勝利を1つ得ているトゥルソワ選手は上位3位に入ればファイナル出場が確実となる。

また、今大会には日本の宇野昌磨選手とロシアのアレクサンドル・サマリン選手も出場。サマリン選手はフランス大会で銀メダルを獲得、金メダルは米国のネイサン・チェン選手だった。

ロステレコム杯演技時間一覧(日本時間)
© Sputnik / Savitskaya Kristina
ロステレコム杯演技時間一覧(日本時間)

フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・ロシア大会 (25)
タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント