16:42 2019年12月08日

メドベージェワ選手、日本メディアの質問に腹を立てる

© Sputnik / Nina Zotina
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPシリーズ2019・ロシア大会 (25)
0 395
でフォローする

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア大会の女子シングルFS後の記者会見で、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が日本の共同通信から4回転ジャンプについて質問を受け、腹を立てた。

メドベージェワ選手は共同通信の質問に「私がいつ4回転ジャンプを跳ぶのかという質問はあまり聞きたくありません!」と厳しく答えた。

メドベージェワ選手は「毎回競技が終わる度に、4回転ジャンプを計画しているかどうか質問されます。はい、そうです、私は(4回転ジャンプを)計画していますが、健康を保ちたいのです。私は自分の体がどれほどもろいかを知っているんです」と不満げに述べた。

ロシア大会でメドベージェワ選手は2位となり、今シーズン最高の結果を出した。1位は、その4回転ジャンプで知られる同じくロシアのアレクサンドラ・トルソワ選手。トルソワ選手は女子で初めて公式大会で4回転トウループを成功させ、ギネス世界記録に認定された。

4回転ジャンプ

3回転コンビネーションを何度かプログラムに組み入れれば、それで、かなりのレベルの選手だと思われていたのである。しかし今では、何人かの選手にとっては、4回転はすでにルーティンになっている。2019年10月5日、ジャパンオープンで、ロシアのアレクサンドラ・トルソワ選手がフリーで4回転を4回も着氷した。女子シングルにおける4回転については、フィギュアのプロフェッショナルの間でも、ファンたちの間でも、少なくない論争を呼んでいる。何人かの専門家は、4回転は女性選手の身体にとってよくない、と警告している。世界で初めて、4回転を教え子の女子選手たちに教えてプログラムに組み入れた、有名コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏は、あるインタビューで「どのジャンプも、すべて、とても大きなリスクを負っている。そのリスクは他の何とも比べようのないものだ」と話している。

GPシリーズ2019

今シーズンはラスベガス(米国、10月18日〜20日)、ケロウナ(カナダ、10月25日〜27日)、グルノーブル(フランス、11月1日〜3日)、重慶(中国、11月8〜10日)、モスクワ(ロシア、11月15〜17日)、札幌(日本、11月23日~25日)で開催され、男女シングル、ペア、アイスダンスの成績上位6名(組)が、トリノ(イタリア、12月5日~8日)で開催されるGPファイナルに出場する。

優勝賞金は1万8000ドル。なお2人組で行うペアとアイスダンスは1組で同額。2位は1万3000ドル、3位は9000ドル、4位は3000ドル、5位は2000ドル。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・ロシア大会 (25)
タグ
ロシア, フィギュアスケート, エフゲニア・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント