04:22 2019年12月06日
GPSフランス国際2019フランスのガブリエラ・パパダキスとギヨーム・シゼロン

フィギュアスケートNHK杯 アイスダンスのリズムダンスでパパダキス&シゼロン組が世界最高得点で首位

© REUTERS / Emmanuel Foudrot
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
0 0 0
でフォローする

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯でアイスダンスのリズムダンスが行われた。1位は90.3点を記録したフランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組。これまでの世界最高得点(88.69点)もパパダキス&シゼロン組が保持しており、今シーズンのGPシリーズ・フランス大会でマークした。

2位はロシアのアレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン組(84.07点)、3位はイタリアのシャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファッブリ組(82.13点)。

シゼロン選手は競技後「日本ではいつも心地よく感じています。日本ではフィギュアスケートの人気が高く、フィギュアスケートとは何であるかを観客はとてもよく理解してくれます。日本の人たちは長年にわたってフィギュアスケートを見守っています。 実際に日本の観客は欧州の観客とは大きく異なっています」と語った。

GPシリーズ2019

今シーズンはラスベガス(米国、10月18日〜20日)、ケロウナ(カナダ、10月25日〜27日)、グルノーブル(フランス、11月1日〜3日)、重慶(中国、11月8〜10日)、モスクワ(ロシア、11月15〜17日)、札幌(日本、11月23日~25日)で開催され、男女シングル、ペア、アイスダンスの成績上位6名(組)が、トリノ(イタリア、12月5日~8日)で開催されるGPファイナルに出場する。

優勝賞金は1万8000ドル。なお2人組で行うペアとアイスダンスは1組で同額。2位は1万3000ドル、3位は9000ドル、4位は3000ドル、5位は2000ドル。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント