01:09 2019年12月13日
「日本行きを指折り数えて待っていました」 コストルナヤ選手

「日本行きを指折り数えて待っていました」 コストルナヤ選手

© Sputnik / Alexei Danichev
フィギュア特集
短縮 URL
筆者 :
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
0 100
でフォローする

札幌で22日に開幕したフィギュア・グランプリシリーズ(GP)第6戦NHK杯のショートプログラム(SP)でロシアの新星アリョーナ・コストルナヤは世界記録を樹立した。コストルナヤは演技後の記者会見で日本についての印象を語り、4回転ジャンプをものにし、プログラムに組み入れた紀平梨花選手の成功を喜んだ。

「4回転を跳ぶことができるというのは尊敬に値します。リカ(紀平選手)はとても強い選手です。彼女が4回転を決めることができたのならば、私はその成功を心から喜びます。」コストルナヤ選手は紀平梨花選手がNHK杯の直前にフリープログラムに入れた4回転サルコウについてこうコメントした。

日本についての印象を聞かれたコストルナヤは、スポーツ選手に向ける姿勢が特別で、日本で出場するのが大好きだと語った。

「どんな大会でも出場できるのはうれしいですが、殊に日本はその喜びも格別です。私は指折り数えましたよ。出発まであと何日トレーニングの日が残っているかなって。この大会を本当に心から待ち望んでいました。だって日本はスポーツ選手に対する姿勢が特別なんですもの。」

コストルナヤはショートプログラムで圧巻の85.04点をマークし、世界記録を塗り替えた。

コストルナヤが記録を更新する前は、紀平梨花が2019年4月に福岡で行われた国別対抗戦で達成した83.97点が世界最高点だった。

GPシリーズ2019

今シーズンはラスベガス(米国、10月18日〜20日)、ケロウナ(カナダ、10月25日〜27日)、グルノーブル(フランス、11月1日〜3日)、重慶(中国、11月8〜10日)、モスクワ(ロシア、11月15〜17日)、札幌(日本、11月23日~25日)で開催され、男女シングル、ペア、アイスダンスの成績上位6名(組)が、トリノ(イタリア、12月5日~8日)で開催されるGPファイナルに出場する。

優勝賞金は1万8000ドル。なお2人組で行うペアとアイスダンスは1組で同額。2位は1万3000ドル、3位は9000ドル、4位は3000ドル、5位は2000ドル。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
タグ
アリョーナ・コストルナヤ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント