01:43 2019年12月13日
ロシアフィギュアスケートのアリョーナ・コストルナヤ選手 フィンランディア杯2019

NHK杯 女子はコストルナヤが優勝! 2位紀平 3位ザギトワ

© Sputnik / Alexey Danichev © Sputnik / Alexei Danichev
1 / 2
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
0 11
でフォローする

フィギュア、グランプリシリーズ第6戦NHK杯 女子はロシアのアリョーナ・コストルナヤがフリープログラムの最初の部分でミスをおかしたものの、最高点を獲得し、総合240点で堂々の優勝を果たした。

​2位は、ロシア女子にとっては最強のライバルである日本の紀平梨花選手が231.84点を獲得し、これに続いた。

​3位には、五輪金メダリストのロシアのアリーナ・ザギトワが217.99点ではいっている。


新星のごとく現れた彼女は誰?

コストルナヤはフィギュア界の新たな現象と呼ばれる。専門家らの間ではコストルナヤは、アレクサンドラ・トルソワとアリーナ・ザギトワのふたりがもつ最強の資質をひとつに併せ持つ存在とされている。コストルナヤはシーズン中にトリプルアクセルをものにした。トリプルアクセルに成功した女子はコストルナヤまでに9人しかいない。これをコストルナヤはシニア入りした初の大会で見事に決めたのだ。

​フィンランディア杯でコストルナヤは、SP、FP合わせて234.84点を獲得。点数の新規則の導入後、点数を伸ばしたのはFPで4つの4回転ジャンプを跳んだアレクサンドラ・トルソワ選手(238,69)と五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワの (238.43 と 237.50 )の二人だけにとどまっている。

  • 前回のGPフランス国際でコストルナヤはスプートニクの独占取材に答え、日本の印象自由時間の過ごし方について語っている。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
タグ
アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート, アリョーナ・コストルナヤ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント