01:14 2019年12月13日
羽生結弦

NHK杯 羽生結弦選手が堂々の優勝 圧倒の305.5点

© AFP 2019 / JUNKO KIMURA-MATSUMOTO
フィギュア特集
短縮 URL
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
0 50
でフォローする

グランプリシリーズ第6戦NHK杯 男子シングルは、日本の羽生結弦選手が305.5点と他を大きく引き離して優勝。2位には仏ケビン・エイモズ (250.02点)が、3位はカナダのロマン・サドフスキー (247.50点)が入った。

羽生選手は4回転トゥループ、オイラー、トリプルフリップの連続技を跳ぶはずだったものの、最初のジャンプでミス。ダブルトゥループだけに終わり、連続ジャンプは成立しなかった。このミスを補填しようと羽生選手は演技の途中で急きょ、プログラムの修正を実行。4回転トゥループからトリプルトゥループを跳んだ後に、トリプルアクセル、オイラー、トリプルサルコウの連続技に挑戦。羽生選手は演技終了後、いかにも(すべて理想的とはならなかった)という風に頭を振ったが、それでも勝利に支障は及ぼさなかった。

© AFP 2019 / JUNKO KIMURA-MATSUMOTO
羽生結弦

総立ちの観客席からリンクにクマのプーさんの「黄色い雨」がひっきりなしに降った。集められたプーさんのぬいぐるみは羽生選手によって孤児院に寄付される。


グランプリシリーズ第一戦のカナダ大会で羽生選手は、322,59点をマークして優勝した。 羽生選手は、オリンピックと世界選手権を二連覇し、ショートプログラムで100点、フリーで200点を超える点数を獲得し、2度の大会で合計点300点以上をたたき出した歴史上初のスケーターである。また彼は、世界で初めて、試合で4回転ループジャンプを成功させた。羽生選手の近い将来の計画は、フリープログラムに、これまでの試合では挑戦したことのない、4回転アクセルを入れることだ。


フィギュアスケート2019-2020シーズンGPシリーズの予定、GPシリーズに出場する最も人気のあるフィギュアスケート選手のリスト等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュアスケートGPシリーズ2019・日本大会 (23)
タグ
羽生結弦, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント