07:13 2020年05月27日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で2度優勝しているアレクサンドラ・トルソワは、クラスノヤルスクで開催されるロシアフィギュアスケート選手権のフリースケーティング(FS)に4回転ジャンプを5本組み込むと発表した。

トルソワは、イタリアのトリノで開かれたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで4回転ジャンプを5本跳ぼうとしたが、成功したのは3本だった。

10月に埼玉県で開催されたフィギュアスケートの大会「ジャパンオープン」では、女子シングル史上初の4回転ジャンプ4本をFSで成功させた。

トルソワは、ロシア選手権のFSのジャンプ構成に4回フリップ、4回転サルコウ、4回転ルッツ、そして4回転トウループ2本を入れ、ショートプログラム(SP)にはトリプルアクセル(3回転半)を入れると発表した。

現ロシアチャンピオンのアンナ・シェルバコワは、FSに4回転ルッツ2本と4回転フリップを入れると発表した。

GPファイナルで優勝したアリョーナ・コストルナヤは、SPでトリプルアクセル1本、FSでトリプルアクセル2本を跳ぶ計画。

ロシアフィギュアスケート選手権は、クラスノヤルスクで12月26日から28日まで開かれる。

関連ニュース

フィギュアスケート 女子は首位が「ベルトコンベヤー」、男子は停滞

このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アリョーナ・コストルナヤ, アレクサンドラ・トルソワ, アンナ・シェルバコワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント