08:22 2020年05月27日
フィギュア特集
短縮 URL
0 42
でフォローする

五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワは、正月のアイスショー『眠れる森の美女 二つの王国の伝説』の出演料として1回あたりおよそ110万円が支払われていた。ロシアの「論拠と証拠」紙が報じた。

12月に突然の活動休止を宣言したザギトワは、12月28日から1月7日までモスクワのアイスリンク「メガスポルト」でタチアナ・ナフカ氏の組織するアイスショー『眠れる森の美女 二つの王国の伝説』に主役として出演していた。非公式の情報によれば、1回あたりの出演料として約61万ルーブル(110万円弱)が支払われていたとされている。

同時期、世界選手権二冠のエフゲニア・メドベージェワもモスクワでイリヤ・アベルブフ氏の演出するアイスショー『オズの魔法使い』に出演していた。ただし、メドベージェワの出演料については明らかにされていない。以前、アベルブフ氏はインタビューで各出演者の出演料は1回あたり15~20万ルーブル(およそ27~36万円)だと話していたことから、一部のマスコミはメドベージェワの出演料もこれと同額と報じた。

アベルブフ氏は、この額は現役を退いたスケーターに支払われていたものであり、これを現役で世界的なスケーターであるメドベージェワの出演料だと一部のマスコミが報じたことは「誹謗中傷」と憤慨を示している。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
エフゲニア・メドベージェワ, アリーナ・ザギトワ, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント