18:08 2020年03月28日
フィギュア特集
短縮 URL
0 83
でフォローする

世界で最も権威あるフィギュアスケートコーチの1人、ラファエル・アルトゥニアンコーチは、ボリショイ・スポーツ誌のインタビューで、年齢制限の引き上げ案を支持する理由について語った。

アルトゥニアン氏は、年齢に関連した変化に対処できず、「きびすを接して行く」若い選手たちとの激しい競争によってスポーツをやめざるを得ない若い女子チャンピオンたちは「使い捨てカップのコーヒー」のようなものだと述べた。

アルトゥニアン氏は過去に、国際大会で優勝しているミシェル・クワン、サーシャ・コーエン、ジェフリー・バトル、浅田真央といった選手たちを指導している。


「年齢制限を引き上げる必要がある」

現在は日本の本田真凜、米国のマライア・ベル米国のネイサン・チェンなどの選手たちを指導するアルトゥニアン氏は、シニアの年齢制限を引き上げる必要があるという問題を5年前に提起したという。

「当時は女子グランプリの現在の勝者たちについて誰も知らなかった。専門家たちでさえ、アンナ・シェルバコワアレクサンドラ・トルソワアリョーナ・コストルナヤの名前を知らなかった。

当時は誰もがユリア・リプニツカヤエレーナ・ラジオノワアンナ・ポゴリラヤについて語り、私のもとではアシュリー・ワグナーが指導を受けていた。」

アルトゥニアン氏は、ロシアの女子選手たちがその複雑なプログラムで世界を驚かせたとき、彼らには困難が生じたと語っている。

「彼らは自分たちより若くてもっと細い女の子たちが背後にいるのを見て、困難を克服するのではなく、単にスポーツをやめてしまった。」

アルトゥニアン氏は、女子フィギュアスケート選手の育成を促進してはならないとの確信を抱いている。

「体が形成され準備が整った大人の少女が、成長途中のアドレナリンが豊富な少女と対戦するとき、平等なチャンスについて話すことはできない。」

アルトゥニアン氏によると、ロシアはこの点において例外的なケースだという。

「(ロシアの)子どもたちは、5歳からプロになる。このようなことはどこにもない!」

アルトゥニアン氏は、フィギュアスケートにおいて体は作業道具であり、大切にする必要があると確信している。

「彼らが18歳以降にお金を稼ぐことができるのを知ったら、12歳で難しいジャンプをたくさん跳ぼうとはせずに、自分の体を維持する努力をするだろう。」

「私は、使い捨てカップでコーヒーを飲むのがあまり好きではない。陶磁器のカップにコーヒーを注ぐと、味はまったく異なる。同じように、私は一度限りのチャンピオンが好きではない。」


年齢制限の引き上げはコーチの仕事の合理性につながる

アルトゥニアン氏は年齢制限の引き上げについて、コーチは複雑な要素の実行に向けて教え子を育成する時間があることを知りながら選手と関わることになるため、トレーニング方法の変更にもつながると考えている。

「私にとっての見本は、ミーシン氏(コーチ)トゥクタミシェワ選手の活動だ。トゥクタミシェワ選手はもう22歳だが、技術的な面で最も難しいプログラムを演じているだけでなく、新しい複雑な要素も習得している。」


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
スポーツ, ロシア, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント