07:49 2020年09月27日
フィギュア特集
短縮 URL
ISU欧州フィギュアスケート選手権2020 (18)
0 0 0
でフォローする

22日、オーストリアのグラーツで、男子シングルスケートの演技で欧州選手権がはじまった。

22日、ショートプログラムを首位でスターとしたチェコのミハル・ブジェジナ選手は89.77ポイントを獲得した。アリエフ選手は自身の演技で88.45ポイントを獲得し、3位となったもう1人のロシア選手、アルトゥール・ダニエリアン選手は84.63ポイントだった。同大会に出場している3人目のロシア代表選手のアレクサンドル・サマリン選手は74.77ポイント13位という結果だった。

全ロシア選手は、1月23日に予定されるフリーの演技に出場する。

グランプリファイナルの入賞者ケヴィン・エイモズ選手は、ショートプログラムが26位に終わったことから、欧州選手権のフリーでは演技を行なわない。今シーズン、エイモズ選手はグランプリファイナルで3位に入賞し、シリーズ段階で銀メダルと銅メダルを獲得、またフランス選手権では優勝している。

記者に対しアリエフ選手は、「気分が良く、これまでになく落ち着いています。これが演技を充実させたのだと思います。満足しています。アクセルジャンプは修正が必要となり、このジャンプには納得していません。ルッツからトウループへのコンビネーションジャンプは、十分ではなかったとは思いません」とコメントした。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Загитова, Медведева, Трусова (@figureskating_sportsru)

欧州選手権のライバルについて問われ、同選手は、「最大のライバルはドミトリー・アリエフ」と強調した。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
ISU欧州フィギュアスケート選手権2020 (18)
タグ
フィギュアスケート, オーストリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント