11:46 2020年04月01日
フィギュア特集
短縮 URL
筆者 :
フィギュア 四大陸選手権 (19)
0 52
でフォローする

ソウルで開催の四大陸選手権で見事優勝を飾った羽生結弦選手(25)は大会後の記者会見で、将来、憧れの選手に捧げるプログラムと組むとしたら、誰に捧げたいかというスプートニク記者からの質問に、羽生選手はかなり悩んだ表情を見せ、ずっと憧れの的だった2人の先輩の名前から回答しはじめた。

「自分はもうエフゲニー・プルシェンコさんとジョニー・ウィアーさんにトリビュートさせていただいたんで、自分は割と納得というか、満足しているんですけど、小さい時はソルクレークオリンピックでみた『ウィンター』(ロシアのアレクセイ・ヤグディンのSP)や『ドン・キホーテ』とか、やってみたいなぁと思っていました。」

ソルトレークシティ五輪といえば、18年前の2002年。当時の羽生選手は7歳で小学校低学年生。ソルトレークを見た羽生はプルシェンコの演技に心酔し、ヘアースタイルまで真似た話は有名。

今回、ヤグディンの「ウインター」が挙げられたが、18年を経た今もなお、世界の羽生に強烈な印象を残す演技だったのだ。また、ドン・キホーテの演技とは、羽生はおそらくプルシェンコが1995-1996シーズンのフリースケーティングで使っていたプログラムを指しているものと思われる。このプログラムの当時、羽生は1-2歳。当然、録画だろう。羽生はかなり幼少の頃からロシアのフィギュアに傾倒していた。羽生選手という世界的な名選手の形成される過程には、ロシアの選手らが多大な影響を与えてきたことがこの回答からもよくわかる。将来、ヤグディンに捧げるプログラムができるかどうかはわからないが、誕生すればロシアのフィギュア・ファンには一層嬉しい話だ。

表彰台に上ったジェイソン・ブラウン、羽生結弦、鑰山 優真   ソウルで開催のフィギュア四大陸選手権・男子シングル
© REUTERS / Kim Hong-Ji
表彰台に上ったジェイソン・ブラウン、羽生結弦、鑰山 優真 ソウルで開催のフィギュア四大陸選手権・男子シングル

羽生選手は試合後の場内インタビュー冒頭、まず新型コロナウイルス蔓延の中、開催に尽力した組織側への感謝を表し、ウイルスのため来られなかった人に配慮した。自分の優勝に舞い上がることなく、まず、裏方へ思いをはせることのできるのが羽生選手のプロ精神であり、こうした細やかな気遣いは会場に集まった全員の胸を打った。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
フィギュア 四大陸選手権 (19)
タグ
羽生結弦, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント