14:14 2020年02月27日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

2014年ソチ冬季五輪で金メダルを獲得したロシアのフィギュアスケート選手(ペア)、クセニヤ・ストルボワが、引退を表明した。ロシア・フィギュアスケート連盟のホームページで発表された。

ストルボワは、代表チームからの離脱と引退に関するすべての文書に記入したことを確認した。

ストルボワは、指導陣や、これまで助け、支えてくれたすべての人に感謝の意を表し、「皆さんにお別れを告げるのではありません。またお会いしましょう。『また会う日まで』」と話した。

​ストルボワはソチオリンピックにヒョードル・クリモフとのペアで出場、フィギュアスケート団体戦で金メダル、ペア種目で銀メダルを獲得した。欧州選手権では銀メダル3個と銅メダル1個、世界選手権では銀メダル1個を獲得している。2015年のグランプリ(GP)ファイナルでは優勝した。

© Sputnik / Pavel Lisitsyn
クセニヤ・ストルボワとヒョードル・クリモフ組

2018年、国際オリンピック委員会(IOC)から平昌オリンピックへの出場を認められず、その後、クリモフとのペアが解消された。クリモフは引退を表明、ストルボワはアンドレイ・ノボセロフとペアを組んだ。

今シーズンは11月にモスクワで行われたGPシリーズに出場したが、5位に終わった。その後は、ノボセロフの故障により試合に出場していなかった。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント