14:02 2020年04月07日
フィギュア特集
短縮 URL
0 40
でフォローする

16日、テレビ朝日系でロシアのフィギュアスケート、アリーナ・ザギトワ選手のドキュメンタリー番組『激動!フィギュア新時代~女王ザギトワ引退騒動の真実~』が放映された。

番組では彼女の練習風景や愛犬マサルのこと、家でくつろぐ様子が紹介された。ザギトワ選手は、自身の人生について語り、なぜキャリアを中断したのか、またいつか大会に復帰するのかという重要な秘密について明かした。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Alina Zagitova’s Fanpage 💕 (@teamzagitova)

フィギュア界を揺るがした活動休止については、「急に決めたことではなく、コーチたちと相談し、休んだほうがいいということになっていた」と語った。彼女自身は、15歳で五輪を制した後に「燃え尽き症候群」に陥っていたという。

エテリ・トゥトベリゼコーチは、競技から離れたいと何度もザギトワ選手から言われていたが、そのたびに「引き留めていた」ことを明かした。

ザギトワ選手は、自分を奮い立たせるため、誓約書まで書いたという。「試合に出場し、世界選手権では力を出し切る」と宣言し、その約束を守るために闘ってきたと告白した。そのこともあり五輪の翌シーズンは世界選手権でも金メダルを獲得したが、今季の開幕前には限界を迎えていた。

エテリコーチは、「シーズン前半の大会は出て、その後は様子を見よう」とザギトワ選手と約束ことを明かした。

昨年12月のイタリア・トリノでのグランプリ(GP)ファイナル最下位に終わり、「力を振り絞ってもできない」と感じたザギトワ選手は、自分自身の口から競技活動休止を伝えたいと思い、テレビで発表したという。

しかし、ザギトワ選手はすでに競技プログラムの練習を再開しているという。「私は自分のプログラムを完成させたい」と意欲を示し、それは「スポーツ選手としての習性」だと強調。「次のシーズンにはレベルアップして競技に戻りたいと思っている」とも語った。また、日本のファンに感謝を述べつつ、「次のシーズンは競技に出場し、自分の演技でみなさんを喜ばせたい」とも語った。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アリーナ・ザギトワに関する 記事・インタビュー, アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート, スポーツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント