08:44 2020年07月08日
フィギュア特集
短縮 URL
0 40
でフォローする

エフゲニア・メドベージェワ選手(20)のコーチであるブライアン・オーサー氏が、女子スケート競技と4回転ジャンプの探求の必要性について見解を語った。

オーサーコーチは、「私たちは(4回転ジャンプに関して)私たちが可能なすべてのことを取り組んでいます。しかし、私たちは4回転にだけ専念できるわけではなく、私たちができること、そして現実的なことに集中しなければなりません。しかし、もちろん、エフゲニアは難易度の高いジャンプのトレーニングを続けたいと思っています。

女子スケートが男子の発展過程を辿ることを私が望んでいるかですか? 私には分かりません。私は競争力をつけるため、すべてのことを行なっています。もしルールやシステム、女子の4回転ジャンプに不満を感じ始めたら、私は単に自分のエネルギーを消費してしまうだけでしょう。私は、私の選手たちのために前向きな姿勢を維持する必要があります。

エフゲニアに競争力があることを望むかですか? もちろんです。4回転サルコウの習得を続けるかどうかですか? はい、続けます。

4回転ジャンプの習得に成功した若い女性としてエリザベータ・トゥクタミシェワ選手が素晴らしいお手本として存在します。そのことは可能なのです」と語った。2019年、トゥクタミシェワ選手は4回転ジャンプを習得しただけでなく、10年のキャリアを経ても以前と変らぬスケーティングを披露した。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。


関連記事

タグ
フィギュアスケート, スポーツ, エフゲニア・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント