21:10 2020年08月13日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

3月16日から22日までカナダ(モントリオール)で予定されているフィギュアスケート世界選手権はコロナウイルス感染拡大を背景に中止の可能性がある。開催地ケベック州のダニエル・マッカーニ保健大臣が記者団へのブリーフィングで明らかにした。

スポーツ紙「ラジオ・カナダ・スポーツ」によると同大臣は「これは政府レベル、市民・公衆安全レベルで決定される。現在、状況の展開を見守っているが、早急に決定しなければいけないことはよく分かっている」と発言した。

国際スケート連盟技術委員会のナタリ・ランバー氏は、モントリオールの状況は心配に及ばないが、決定はWHO(世界保健機構)およびカナダ保健庁の勧告に基づきケベック州のフランソワ・レゴ首相が下すと言及した。

世界フィギュア2020には羽生結弦選手やアリョーナ・コストルナヤ選手をはじめとするスター選手が参加する。

本記事執筆時、カナダでは77件のコロナウイルス感染症例が確認されている。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント