00:14 2020年04月06日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィギュアの世界ジュニア選手権の優勝者カミラ・ワリエワ選手(13)は、4回転ジャンプはまだ自身の限界ではなく、重要なのは年少期にその練習を開始することだと語った。

ワリエワ選手は、「ジャンプに限界があるのか、私にはまだ分かりません。シニアでもジュニアでも、5回転、さらに6回転さえ可能な選手が現れるかもしれないと思います」と語った。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Kamila Valieva Fan Page (@teamkvalieva)

彼女によれば、難度の高いジャンプは、年少期に、遅くとも15歳から17歳までにトレーニングする必要があるという。ワリエワ選手は、この年齢を過ぎると、選手たちは恐怖を感じ始めると指摘した。

また、ワリエワ選手は、自身のコーチであるエテリ・トゥトベリーゼ氏について、同コーチを「要求の高い」スペシャリストと呼んでいると語った。

ワリエワ選手は、「エテリコーチが選手に要求したことができたなら、コーチは褒めてくれるかもしれない。時々コーチは、化粧の仕方や髪形、また他のことについてより良くするためのアドバイスをしてくれます。コスチュームはエテリコーチが選びます。コーチははじめコスチュームのスケッチをチェックします。その後、デザイナーがすでに出来上がったコスチュームを持ってきた際に、コーチは気に入ったとか、ちょっと違うだとかコメントしています」と述べた。

エテリ・トゥトベリーゼコーチの教え子であるカミラ・ワリエワ選手は、3月のはじめにエストニアの首都タリンで開催された世界ジュニア選手権で優勝を果たしている。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント