19:28 2020年05月29日
フィギュア特集
短縮 URL
0 60
でフォローする

フィギュアスケートのアリーナ・ザギトワ選手はファッション雑誌『コスモポリタン』のインタビューで、彼女の家庭はザギトワ選手がスケートを始めたころには金銭的に困窮していたことを告白した。

ザギトワ選手が故郷のイジェフスクでスケートの練習を始めたのは2007年だった。2015年にザギトワ選手はモスクワに移り住み、エテリ・トゥトベリーゼコーチの指導を受けることとなった。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от teamzagitova (@teamzagitova)

ザギトワ選手は、ある日練習を逃げ出したことがあったが、その後はそうしたことを決して自分に許さなかったと語った。彼女は、「たとえ痛みがあっても、メダルのため、さらに家族をモスクワに呼び寄せるために演技をしなければならなかった。当時私たちの暮らしはいいとは言えず、バスに乗るお金にも困る程でした」と語った。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от teamzagitova (@teamzagitova)

彼女によれば、メダルの数とともに収入を得られるようになったという。

また、ザギトワ選手は、身体の発育にどう対応したかについても語った。「2年前、すべての責任がかかった五輪シーズンと私の身体的な発育が重なりました。身長が、そして手足が伸びたのです。フィギュアスケートでとても重要なのはジャンプの技術的な構成で、もし腕が長くなれば手全体を『コンパクト』に抱え込むのが難しくなります。私は、それは私には関係ない、私はそうではない、といつも考えるようにしていました。しかし、それは誰にでも起こることでした。アイスリンクに立つと足や手が何か違うと感じるのです」。

昨年12月、アリーナ・ザギトワ選手はキャリアを中断すると発表し、ロシアフィギュアスケート選手権を欠場した。

関連ニュース

「もう誰かのために何をする必要もない」 ザギトワがファッション雑誌の表紙に


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アリーナ・ザギトワに関する 記事・インタビュー, アリーナ・ザギトワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント