10:44 2020年10月30日
フィギュア特集
短縮 URL
0 01
でフォローする

自己隔離後の復帰にはフィギュアスケート選手には多くの時間が必要となり、否定的な精神的感情と高いモチベーションが生まれ、それがトレーニングのプロセスに問題を生じさせるおそれがある。ロシアのフィギュアスケート代表の担当医フィリップ・シュベツキー氏が「スプートニク」に語った。

モスクワのスポーツ学校は、3月末から市長の指示により機能が停止している。

ロシアの他の地域では新型コロナウイルスのパンデミックから然るべき措置が取られ、この期間、選手たちは自宅でトレーニングを行うことになる。

シュベツキー医師は、自己隔離期間の終了後、選手たちは復帰にどのくらいの時間が必要となるかとの質問に対し、「試合に向けた基本的で特別な準備の積み重ねができずに過ごしたのと同じくらいの時間が、以前の練習レベルに戻るためには必要になる」と強調した。

スポーツ専門医らは、多くのスポーツでは、自己隔離という条件下で必要なレベルに発展することは残念ながら不可能だと指摘する。

パンデミック後の時期に選手たちは否定的な精神的感情と高いモチベーションという複雑な状況に置かれる。それは、トレーニングに対する選手たちのモチベーションが現実には物理的な身体機能を上回るため、必然的に問題となって現れる。そのため安全に復帰するためには、綿密で能動的な練習計画へのアプローチが必要となり、その際、科学的な方法論にもとづく計画が求められるとシュベツキー医師は考える。

「何人かのトップスケーターが#UpAgainの一環として国際スケート連盟(ISU)のサイトで生活面の困難さを克服すること、さらに外出せずにスポーツの環境を整える秘訣について公開している。4月19日からISUは1週間毎日、自己隔離の中でコンデションを維持するためフィギュアスケーターのために各国のレッスンを公開する。初のレッスンは、五輪銀メダリストで2度の世界チャンピオン、また、グランプリファイナルで2度優勝しているスイスのフギュアスケーターで、現在はコーチのステファン・ランビエール氏が行った」。

この間、エフゲニア・メドベージェワ選手が出演予定だったアイスショーが新型コロナウイルスにより延期された。 

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

 

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント