03:22 2020年09月27日
フィギュア特集
短縮 URL
0 60
でフォローする

2015年のフィギュア世界チャンピオン、エリザベータ・トゥクタミシェワ(23)は4回転ルッツに挑戦したことはないと語った。理由は「恐怖」だという。

トゥクタミシェワ選手は試合でトリプルアクセルを跳び、4回転トゥループも習得した。

4回転ルッツに挑戦したことはない。怖いから」とインスタグラムのライブで語った。同選手によると、このジャンプは練習で補助をつけて跳ぶのも怖いのだという。コーチ陣には、能力的には跳べるはずだと説得されるという。「4回転トゥループは跳んだんだから、そっとしておいて」と彼女は少しムッとした表情を見せた。

「好きなのはトリプルアクセルとトリプルルッツ。トリプルルッツはとても理にかなったジャンプで、やりやすい。トゥループよりも跳びやすい時がある」と結んだ。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント