11:18 2020年09月20日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

フィギュアスケートのロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手は、映画に出演したい、出るとしたらコメディーものが向いていると語っている。

「私ってメロドラマよりコメディー向きじゃない? 本当にやったら、ぴったりはまり役になると思う。演じるのに自分を変える必要なんかないもん。そのまんまでいけちゃう」というのはご本人のインスタグラムの弁。

さらに将来のこんな予想まで飛び出した。子どもが生まれたとしたら、自分とそっくり、すごくアクティブな子になる。だから子どもにはスポーツをやって欲しい。でもそれはその子自身がまず、やりたいという気持ちを持てば、の話。

これより前、トゥクタミシェワは4回転ルッツは怖くて挑戦できないと打ち明けている。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント