21:30 2020年05月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 35
でフォローする

フィギュアスケートのソ連功労コーチ、タチアナ・タラソワ女史が五輪の生放送で号泣したことについて語った。ロシアユーチューブチャンネルのインタビューで当時の気持ちを明かした。

タラソワ女史によると、それは平昌五輪のエフゲニア・メドベージェワ選手(20)の演技中だったという。

「オリンピックでは自分を抑えることができなかった。ジェーニャ(メドベージェワ選手)の演技中に涙があふれて止まらなかった。彼女はすべての感情を出し、見ている私たちも同じように感情があふれた。涙が出るほどの演技だった。最後の一息まで、彼女はあの演技にすべてを捧げた。私は号泣していたし、しかも生中継だったので泣きながらコメントしていた。」

タラソワ女史には、その件でペナルティが課せられたという。

2018年冬季五輪でメドベージェワ選手は銀メダルを獲得。わずかな差でアリーナ・ザギトワ選手(17)が優勝した。2人のフリープログラムは同点だった。

2017-2018年の五輪シーズンを終え、メドベージェワ選手はエテリ・トゥトベリーゼコーチと袂を分かち、羽生選手を指導するブライアン・オーサーコーチのもとへ移籍

5月15日、メドベージェワ選手とザギトワ選手が2020-2021年の代表メンバーに入ったことが明らかになった。一方で、両選手ともに前シーズンは好成績を残せないでいた。

メドベージェワ選手は先日、コロナウイルス感染拡大時に日本に滞在。桜の下で踊る動画をアップしたところ、不満や批判の声を集めることとなった。ネットユーザーらは同選手に日本から出国するよう求めた。タラソワ女史は、このような中傷や批判を厳しく非難した。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, スポーツ, タチアナ・タラソワ, エフゲニア・メドベージェワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント