02:23 2020年08月06日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ロシアフィギュアスケート、アレクセイ・ミーシンコーチとエフゲニー・プルシェンココーチの各チームは6月1日から練習を再開する。両チームはロシア国内キスロヴォツク市(スタヴロポリ地方)の合宿に参加する。

これより前、オレグ・マティツィン露スポーツ相が5月25日より教育トレーニングセンターの活動を再開することを発表した。一部選手はノヴォゴルスクの強化施設、一部はキスロヴォツクで練習するという。

プルシェンコ氏は、新しく移籍したヴェラニカ・ジリナ選手(11)とアレクサンドラ・トルソワ選手(15)を含め所属選手は6月1日から練習を開始すると明らかにした。

ミーシン氏によると、エリザベータ・トゥクタミシェワ選手(23)やソフィア・サモドゥロワ選手(19)をはじめとする選手らの正式な合宿移動日は未定だという。おそらくプルシェンコチームと同じく6月1日スタートが濃厚。

上記合宿にエテリ・トゥトベリーゼチームが加わるかは現時点では不明。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント