19:26 2020年10月22日
フィギュア特集
短縮 URL
0 60
でフォローする

ロシアのフィギュアスケーター、アリョーナ・レオノワ選手(29)は、新型コロナによる自粛や制限は来シーズンのアリーナ・ザギトワ選手(18)にとって有利に働くかもしれないと語る。

昨年末、ザギトワ選手は競技生活を一時中断すると宣言した。ロシア国内選手権を棄権、その後に続くシーズン残りの試合の権利争いに加わらなかった。

レオノワ選手は「スポーツエクスプレス紙」の取材に応じ、次のように語った:「アリーナにはコロナ自粛でチャンスがやってきました。全員にブレーキがかかり、またゼロからコンディションを作っていかなければいけない状態です。アリーナにはトップに戻るチャンスが出てきました。然るべき練習をして、これまでと同じ結果を出せばいいのです。ザギトワ選手は無理して4回転を跳ぶ必要はなく、すでにできることをやれば十分。それで上位にいけるでしょう。でもアリーナの性格からして、常に上を目指すでしょうし、シーズンを重ねるごとにどんどん良くなると思います。本格的な競技に戻ってくるのは間違いないです。」

「アリーナには国内3位に入る力はあります。昨シーズンではなく、(平昌)五輪シーズンのポジションまで戻せるかもしれません。体が成長して高難度のエレメンツをやるのが辛くなっているのは分かりますが、それでも彼女がもっている構成を完璧に実施すれば、審判は惜しみない評価を与えるでしょう。」

ザギトワ選手はすでに、現在ノヴォゴルスクで行われているロシア代表合宿に合流している。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント