17:37 2020年07月05日
フィギュア特集
短縮 URL
110
でフォローする

ロシアのフィギュアスケート選手、エフゲニア・メドベージェワが日本からロシアに帰国した。一方、新型コロナウイルスの影響により、メドベージェワが練習拠点のカナダへ向かうのは不可能なため、練習場所は今のところ不明。

モスクワに到着したメドベージェワは新型コロナウイルスの検査を受けた。結果は陰性だった。メドベージェワは、外国からの帰国者に対する2週間の義務的な自主隔離に入った。

ロシアフィギュアスケート連盟のコーガン会長によると、メドベージェワは2週間の自主隔離が終わったらすぐにリンクに戻る予定。一方、メドベージェワの練習場所はまだ不明だという。メドベージェワはブライアン・オーサー氏に師事し、カナダを練習拠点としているが、新型コロナの流行が続いているためロシアの国境はまだ閉鎖されており、いつ解除されるのかわからない。メドベージェワがどこで練習できるのか、今のところ不明だという。

メドベージェワは4月、日本で6月に開催される予定だったアイスショー「美少女戦士セーラームーン Prism On Ice」に出演するため、カナダから日本に到着した。しかしその後、新型コロナウイルスの影響でアイスショーは延期され、メドベージェワは日本に残った。だが、日本で新型コロナの感染拡大防止のための外出自粛が要請されていた中で練習を続けるなどのメドベージェワの行動が一部のファンたちの不満を呼んだ。メドベージェワに帰国を呼びかける人たちもいた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント