05:53 2020年08月15日
フィギュア特集
短縮 URL
0 01
でフォローする

フィギュアスケート2020年欧州チャンピオンのアリョーナ・コストルナヤ選手(16)は、米国歌手ビリー・アイリッシュのミュージックビデオ『ラブリー』が同選手の新しいプログラムのイメージにぴったりだと語った。

コストルナヤ選手は五輪チャンネルのサイトで、「私たちはかなりかわった選曲をしたのだけど、でも私もコーチもそれを気に入ったわ。私たちはこの曲を聴いて、すぐにこれこそ私たちに必要なものだと感じたの。私には(ビリー・アイリッシュの)ビデオのようなイメージがあって、私たちはそれを再現しようとチャレンジしたの。でも、完全にはコピーすることはできなかった。実際には私にとても合っています。具体的にはまだなにも話すことはできないの。プログラムが新しくなって、それを気に入っているとすごく思います。たぶん、毎年、プログラムは面白いものになっていると思うわ」とコメントした。

コストルナヤ選手は、2019/20シーズンにシニアでデビュー。

ISUグランプリ(GP)シリーズやGPファイナル、世界フィギュアスケート選手権で金メダルを獲得した。ショートプログラムでは85.45ポイント、そして総得点247.59ポイントで世界記録を樹立した。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, アリョーナ・コストルナヤ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント