23:31 2020年08月13日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

現在、キスロヴォツクでトレーニング中のフィギュアのアレクサンドラ・トルソワ(16)のコンディションについて、コーチのエフゲニー・プルシェンコ氏は、トルソワは持ち技の4回転ジャンプもトリプルアクセルもすべてを復活させたことを明らかにした。ロシアのマスコミが報じている。

欧州選手権銅メダリストのトルソワはアクセルを除いてすべての4回転ジャンプを跳ぶことができる。4回転アクセルだけは現段階で、男子、女子ともこれを跳べる選手は一人もいない。プルシェンコ氏は、キスロヴォツクのトレーニングでトルソワが新たに4回転ループジャンプも習得したことを明らかにした。4回転ループジャンプは女子の大会では未だかつて誰も成功したことがない。

「チームトレーニングは非常に成功している。ベースキャンプは素晴らしい。すべての条件が整っているから、ここに来たかったんだ。期待通りだったよ。サーシャ(トルソワ)は4回転ジャンプを全て復活させ、トリプル・アクセル、フリップ、ルッツも他のジャンプもすべて大丈夫。当然のことながら、しっかり滑りこむ時間はまだ必要だ。」

「現在、コスチュームの制作にも取り組んでいる。コスチュームは注目を惹くものでなければならない。世界のデザイナーらとサーシャのコスチュームについての交渉を行っている。サーシャは他のチームのメンバーと同じく、絶好調だ。」

プルシェンコ氏はまた、自身のアカデミーも作業を開始していると語っている。

「アカデミーもフル回転で働いている。唯一、制限措置があり、マスクを着けての移動や、施設内では検温もあるし、親の施設への立ち入りは禁止。すべての安全基準を守っている。」

トルソワは前シーズンの終わりにプルシェンコ氏の率いるアカデミーに移ったばかり。それまでトルソワはメドベージェワ、ザギトワを育てたエテリ・トゥトベリーゼ氏についていた。

関連ニュース

ISUアワード コストルナヤが最優秀新人賞

羽生のISUスケーティング・アワードMVP受賞 「彼こそ№1」=プルシェンコ氏


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アレクサンドラ・トルソワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント