20:04 2020年11月30日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

五輪で2度金メダリストに輝き、現在、フィギュアスケートコーチであるエフゲニー・プルシェンコ氏は、ロシアメディアのRBCとの対談で、同僚のエテリ・トゥトベリーゼ氏と自身を対比し、彼女と比較するのは早いとコメントした。

プルシェンコ氏は、「エテリ氏はとても確立されたプロセスと実際に強力なチームを有しています。トゥトベリーゼ氏と私を比較するのは100%早いと言えます。私が実際にプロのコーチをはじめたのはほんの昨年です。彼女はすでに長きに渡ってコーチを務めています」と語った。

プルシェンコ氏によれば、4回転ジャンプを多くの選手に伝授したセルゲイ・ロザノフコーチがトゥトベリーゼ氏のチームで指導していた時が特に強かったという。

プルシェンコ氏は、「彼が私のチームに移る決心をしてくれたことを非常に嬉しく思っています」と強調した。

 同氏によれば、もし彼が五輪チャンピオンの養成に成功したなら、それは彼がなにかを成し遂げたことを意味することになるという。

5月、トルソワがプルシェンコ氏のチームに移籍した。またコーチのセルゲイ・ロザノフ氏とヴェロニカ・ジリナ選手もトゥトベリーゼ氏のチームからプルシェンコ氏のチームに移った。さらにエゴール・ルーヒン選手アリーナ・パルセゴワ選手もトゥトベリーゼ氏のチームを離れてプルシェンコ氏のチーム

に移籍した。7月には、プルシェンコ氏のアカデミーに欧州チャンピオンのアリョーナ・コストルナヤ選手(16)が移籍することが報じられた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント