16:52 2020年09月29日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシアのフィギュアススケート・コーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏は12日~13日に行われたロシア代表選手が出場するテスト大会で、元門下生のエフゲニア・メドベージェワ選手(20)によるフリースケーティングの演技に拍手を送った。

メドベージェワ選手のフリースケーティング終了後、カメラはトゥトベリーゼ一門を捉えた。同一門の振付師のダニエル・グレイヘンガウス氏とジャンプ指導を担当するセルゲイ・デュダコフ氏はメドベージェワ選手の演技に反応を示さなかったが、トゥトベリーゼ氏は拍手を送った

メドベージェワ選手は同大会で、シルク・ドゥ・ソレイユの演目「アレグリア」の曲にのせてスケーティングを行った。7本のジャンプ中4本が成功。トリプルルッツで転倒し、ジャンプ2本は実施できなかった。メドベージェワ選手の身体面は、理想的な状態からは程遠いことが明らかだった。

メドベージェワ選手は、2007年から2018年までトゥトベリーゼ氏の元でトレーニングを積んだ後、カナダに移住。現地でコーチのブライアン・オーサー氏に師事している。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, エテリ・トゥトベリーゼ, エフゲニア・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント