12:14 2020年10月20日
フィギュア特集
短縮 URL
0 22
でフォローする

22日、ロシアスポーツ紙「スポーツ・エクスプレス」は、アリーナ・ザギトワ(18)がプルシェンコ陣営から移籍の誘いを受けていたと伝えた。トゥトベリーゼ陣営がインスタグラムのストーリーでヤナ・ルドコフスカヤ氏とザギトワ選手のメッセージやり取りを公開。ルドコフスカヤ氏はフィギュア五輪王者プルシェンコ氏の妻でプロデューサー。やり取りによると、ルドコフスカヤ氏はザギトワ選手にトゥトベリーゼ組を離れ、プルシェンコ氏のもとに移るよう勧誘していた。

「Team Tutberidze(トゥトベリーゼ組)」アカウントは「誰も勧誘していないって?」と添えてやり取りを投稿。

ヤナ・ルドコフスカヤ氏とザギトワ選手のメッセージや り取り

スクリーンショットされたルドコフスカヤ氏のメッセージには「アリーナ(=ザギトワ)、こんにちは。エフゲニー(=プルシェンコ)からあなたに伝えて欲しいと頼まれました。彼はあなたのことを待っています。私も待っています。私たちは11月にモスクワ州で、3月にモスクワで新リンクをオープンします。リンクの数も増え、専門家もたくさんいます。外国人もたくさんいます。いつでも連絡を待っています」と書かれていた。

ザギトワ選手は返答として、誘いを断っている。

「こんにちは。オファーありがとうございます。でも私はエテリ(=トゥトベリーゼ)先生のもとに残ります。」

ザギトワ選手は2019年12月13日に競技生活を一時停止すると発表。同選手は女子シングルの全タイトルをすでに手にしている。五輪、ロシア選手権、欧州選手権、欧州選手権、またフランプリファイナルで優勝。

新シーズンを前にトゥトベリーゼ組からアリョーナ・コストルナヤ(17)アレクサンドラ・トルソワ(16)、ヴェラニカ・ジリナ(12)の3選手とコーチのセルゲイ・ロザノフ氏がプルシェンコ氏率いるアカデミーに移った。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント