08:08 2020年10月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

日本では10月3日、さいたまスーパーアリーナでフィギュアスケートの大会「ジャパンオープン」が開催される。この大会は日本と海外の選手が出場する国際大会だが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、今回に限り日本人選手のみの団体戦として実施される。大会主催者であるテレビ東京は25日、日本人選手のみによるプロアマジュニアを混合した5人ずつの2チーム、「チームレッド」と「チームブルー」の組み分けを発表した。

​チームレッドに所属する選手は、川畑和愛選手(18)・本田真凛選手(19)・浦松千聖選手(18)・本田ルーカス剛史選手(17)・日野龍樹選手(25)。チームブルーに選出されたのは、樋口新葉選手(19)、横井ゆは菜選手(20)、吉田陽菜選手(15)、山本草太選手(20)、佐藤洸彬選手(24)。

ジャパンオープンは例年、日本・北米・欧州の3チームで競う団体形式の国際大会。しかし今年は新型コロナウイルスの影響で、今回に限り日本人選手のみで構成される2チームでの団体戦が行われる。

また、今回はジャパンオープン初のライブ配信が予定されている。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント