14:55 2020年10月24日
フィギュア特集
短縮 URL
0 20
でフォローする

フィギュアスケート「ロシア杯」第2戦は、現地時間の11日にモスクワで幕を閉じた。この大会で印象的だったのは、世界ジュニアフィギュアスケート選手権2冠のアレクサンドラ・トルソワ選手の優勝、アイスダンスのアナベル・モロゾフとアンドレイ・バギン組の予想外の優勝、今季シニアデビューしたアルチョーム・コワリョフの2大会連続優勝であった。

今、女子シングルでは、ほぼすべてのロシア国内トーナメントにはスキャンダラスな内幕がつきまとう。エテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子たちと、同氏が輩出し、現在は五輪2冠のエフゲニー・プルシェンコ氏のアカデミーを代表する選手たちが争うためである。この「ロシア杯」第2戦では、アレクサンドラ・トルソワ選手が優勝した。彼女は、トゥトベリーゼ氏の指導の下で過去に数々のタイトルを獲得してきたが、プルシェンコ氏のもとへ移籍後、初めて優勝した。

トルソワ選手は前日、4回転ジャンプに何度挑むのかというフリープログラムの競技内容については明らかにしていなかった。演技冒頭の4回転ルッツで彼女は堪えたものの氷に手をつき、ステップアウトしてしまった。4回転―3回転のトウループはジャンプも高く、質の高いものとなった。単独の4回転トウループを成功させた後、ルッツとループの連続ジャンプは2回目のジャンプで転倒。トルソワ選手はショートとの合計240.59点を獲得し、自信を持って復帰を果たした。

昨シーズンの世界ジュニア選手権の覇者で、ショートプログラム首位のカミラ・ワリエワ選手は、最初の4回転トウループで転倒。続く連続のダブル・トウループはミスなく決めたが、3回転ルッツや3連続ジャンプで転倒し、合計233.70点で2位となった。3位につけたのは安定し、自信を持って演技したダリア・ウサチョワ選手(昨季世界ジュニア選手権銀メダル)で、合計233.20点だった。

男子シングルでは、ロシア杯第1戦を制したアルチョム・コワリョフ選手が連覇。コワリョフ選手は、フリープログラムで2回の4回転サルコウを着氷。2019年ヨーロッパ選手権銀メダリスト、アレクサンドル・サマリン選手(253.10点)を上回り、合計255.82点で優勝した。3位は、昨季ジュニア世界選手権の銅メダリスト、ピョートル・グメンニク選手(249.46点)となった。

アイスダンスでは、アナベル・モロゾワ&アンドレイ・バギン組が優勝。ヨーロッパ選手権の覇者、ヴィクトリヤ・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ組は、フリープログラムでの演技中に怪我で棄権。予想外の結末となった。ペアでは、ダリア・パヴリュシェンコ&デニス・ホドゥイキン組が制した。

フィギュアスケート「ロシア杯」、続く第3戦は10月23から27日にかけてソチで行われ、第1戦の覇者アンナ・シェルバコワ選手が出場予定である。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
エフゲニー・プルシェンコ, スポーツ, ロシア, アレクサンドラ・トルソワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント