18:54 2020年10月20日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

フィギュアスケートで2度五輪金メダリストとなったエフゲニー・プルシェンコ氏は、エテリ・トゥトベリーゼコーチが同氏との平和的関係を拒んだと語った。「スポルト・エクスプレス」紙がプルシェンコ氏のコメントを紹介した。

2020年、昨シーズンの覇者アリョーナ・コストルナヤ選手と欧州選手権銅メダリストのアレクサンドラ・トゥルソワ選手という、ロシアを代表する2人の選手がトゥトベリーゼコーチのもとからプルシェンコ氏へ移籍を行った。トゥトベリーゼチームは、選手らの勧誘でプルシェンコ氏を非難し、アリーナ・ザギトワ選手とプルシェンコ氏の妻ヤナ・ルドコフスカヤ氏の間のやり取りを公表した。

プルシェンコ氏は、「私たちはいまのところ相手側の理解を得ていない。私たちは正常な交流が必要だと考えていた。しかし、私たちはエテリ氏との和解に至らなかった。さらなる争いを彼女は望んでいる」と語った。

また、プルシェンコ氏は、トゥルソワ選手とコストルナヤ選手の勧誘などしておらず、彼女らが自分で同氏のチームに合流したのだとコメントした。

プルシェンコ氏は、「さあ、『産婆』の代わりに誰が誰を引っ張ったといった話はやめよう。勧誘みたいなくだらない話にどれだけ時間を使うんだい?選手は自分で移籍した。選手の調子がいいのなら、金で呼び寄せるなんてほとんど無理。不可能だよ」と強調した。

この間、プルシェンコ氏は、1年前彼のチームにアリーナ・ザギトワ選手が移籍する準備をしていたと語っている。同氏は、ザギトワ選手の勧誘などしておらず、彼女が自分自身で移籍を望んでいたのだと述べた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント