03:09 2020年11月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシアのフィギュアスケーター、エフゲニア・メドベージェワ選手が背中のケガからトレーニングに復帰した。しかし、完全な状態での練習はまだ望めない。ロシアの第1チャンネルの番組で同選手が語った。

メドベージェワ選手は、「私は選手としてできるだけ早い(十分な内容の練習へ戻ること)ことを希望し、速やかに復帰することを望みました。でも、抱えた問題はより長期的な解決と治療を必要としています」と語った。

同選手は背中のケガからロシアカップの2つのステージから離脱した。検査の結果、彼女は神経が圧迫されていることが判明した。

メドベージェワ選手は、「今、リンクに立つことは許可されています。時折ジャンプもしているけど、でも毎日という訳にはいきません。滑るのはまだ短時間だけで、大体1時間程度です」とコメントした。

今シーズン、テスト演技での滑りが成功しなかった後に、エフゲニア・メドベージェワ選手は、元コーチであるエテリ・トゥトベリーゼ氏のチームに復帰することを決めた。この間、メドベージェワ選手は、カナダのブライアン・オーサーコーチの指導を受けていた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント